スポンサーリンク

プリントパックなら格安印刷

ビジネス

実は数年前まで地方の印刷会社に勤めていましたが、今や東京で印刷した方が送料含めても安いんですよね。

特にプリントパックは衝撃の安さでした。

これにお客様が気づいたら、地方の印刷会社は総崩れでしょう・・・

因みに私の印刷会社は、6年前に倒産しております。


プリントパックの利用方法

まずはユーザー登録をしましょう。
ご登録は無料!さらにすぐに使える1,000円分のポイントを進呈!簡単にご登録いただけます。
・2回目以降のご注文の際はIDとパスワードの入力で即ご注文いただけます。
・お客様専用の「マイページ」をご用意。商品の進捗状況の確認、過去のご注文履歴の確認・ご発注やユーザー情報の変更など便利な機能がご利用いただけます。
今後、見積書をしっかりもらいましょう。

ご希望の印刷物の種類・サイズ・用紙・部数・納期を選んでご注文ください。
お届け先・お支払方法も合わせてご選択いただけます。
・納期や用紙など、豊富な種類のコースからお選びいただけます。
・おすすめのコースからお選びいただく場合には、「定番商品(チラシ・フライヤー/カタログ・冊子/名刺/ポストカード/ポスター)カンタン発注」が便利です。
ご注文をお済ませいただいた後、印刷データをプリントパックにご入稿ください。
弊社にてデータ通りに正しく仕上がるかを印刷のプロがチェックします。
データに不備が見つかった場合は、お客さまにデータの修正をお願いすることがございます。
恐れ入りますが、ご了承くださいませ。


データーの作り方

印刷物はなんでしょうか?
名刺などの黒一色でしたら、ワードやエクセルでもOKです。
しかし、カラーのチラシやポスターでしたら、アドビのイラストレーターやフォトショップで制作した方が綺麗に仕上がります。
※データー制作に慣れていない人の失敗あるあるですが・・・
「パソコンでは、綺麗に映るのに印刷すると画像が汚い。」
これは、解像度の問題です。チラシ・ポスターなどの印刷に使用する画像は、パソコン上でみるピクセル数(解像度)より高くしないといけません。
詳しくは、実際にデーター制作ソフトをみてきましょう。



プリントパックについて

パソコン時代になり、印刷物はどんどん少なくなっていきます。
でも年賀状など、アナログと言われている伝達もまた乙なものです。

このページをご覧になっている人は、パソコン印刷で年賀状を作成している人がほとんどだと思います。
実は意外ですが、100枚以上つくると、プリンター印刷より安いって知っていましたか?
印刷インクって結構コスト掛かっているんですよ。プリントパックの方が印刷代が安いと思っています。




テクニカルガイド

プリントパックでは、すべての方が印刷をもっと身近に感じていただけるよう、データ作成の手引きやテンプレートなどの『お役立ちコンテンツ』をご用意しております。是非ご利用下さい。
プリントパックは、「お客様より完全データをご入稿いただき、日本全国ご希望の納期に印刷物をお届けする」というサービスを展開させていただいております。
ここで言う完全データとは、正しい印刷物として仕上げることのできるデータのことを指し、そのためにはいくつかのデータ制作上のルールがございます。
プリントパックでは、完全データをご入稿いただければ、受付基準をお客様にメリットをご提供できる形で設定しているため、一般の印刷通販に比べ、時間的に早くお届けできる体制を整えております。
→ 参考  完全データならプリントパックがおトクな理由
→  データチェックについて
しかし、万一印刷上不具合のあるデータであることが判明した場合は、他の印刷通販会社様同様、お客様にデータ修正の上、再度正しいデータをご入稿いただくことで、二度手間をおかけしてしまうだけでなく、納期が伸びざるを得なくなってしまいます。これでは、せっかくのプリントパックならではのメリットをご享受いただくことができなくなってしまいます。
そこで、よりお客様のお手元に早く、正しい商品をお届けするためまとめさせていただきました。お客様のデータづくりの一助としていただくとともに、データご入稿前の最終チェックリストとしてご活用いただければと存じます。


同人誌の印刷

中綴じ製本冊子 64P以下から受付します。
ご入稿データの内容を弊社にて確認し、社内的通念上、不適切と思われる原稿、著作権・肖像権を犯す原稿、性的表現(アダルト)を含む原稿と判断させていただいた商品は、恐れ入りますがご注文後に印刷のお断りをご連絡申し上げます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク