スポンサーリンク

旦那デスノート

旦那デスノート




「旦那デスノート」がネット上で話題となっている。

女性セブン7月6日号に「旦那デスノート」が取り上げられる。

女性セブン 2017年 6月29日・7月6日合併号【電子書籍】[ 女性セブン編集部 ]

価格:350円
(2017/7/9 14:08時点)


また、7月9日のワイドナショーでも取り上げられるとその知名度はうなぎ上り。

現在は、アクセスが繋がりにくい状態だ。

サイトの内容によると「旦那へ死んで欲しいという願いを書くものである。書く人物が自分の旦那じゃないと効果は得られない」とある。

書き込みは1,200以上もあり、内容を見てみると、「保険金残して逝って下さい。」、「包丁あるから自殺して来いよまじで」、「死因はなんでもいい即死で」などと言った過激な書き込みも多い。

一部を紹介しよう。





夫が一家の大黒柱が帰ってきたのにその態度は何だと言いだした。
大黒柱だか何だか知らんけど仕事からダッシュで帰って学童と保育園迎えに行って帰って一度も座らずに風呂飯洗濯明日の準備に寝かしつけをしてる私にその態度は何だと言いたい。



でけー声出してわめくのがしつけなのですか? 外では腰が低く、へーこらしてるだけ



嘘つきで、謝ることもできない、やっていいことと悪いことも理解できてない。
借金はする、ギャンブル、子供のお金は使う、やっぱり謝らない。



奴は自分の事しか考えていない大黒柱として最低の下ユル野郎。



子供が小さい時に風俗通いが発覚し問い詰めた所、逆ギレからのDV。




「夫婦なのに信じられないのか?」

「嘘だと思うなら調べてみろ!」

「どこに証拠があるんだ!」

これが浮気問題の三大名文句です。

今の悩み苦しみを解決するのはただ一つだけ。話し合いも、認めさせるのも、目覚めさせるのも、取り戻すのも、裁判でも、すべて「真実・証拠・相手はどこの誰なのか」がわかる報告書があればキチッと解決します。
「もしかして夫が浮気しているかも・・・」

「まさか、夫が浮気しているのではないか・・・」

一度抱いた疑惑は、どんどん膨らみなかなか消えないものです。
ひとりで悩み苦しんでいれば解決の糸口は見つかりません。

生活のリズムは乱れ体調面、精神面にも影響します。
その上、疑惑を抱いたままでは二人の間の溝はどんどん深まっていくばかりです。

お客様からのお問い合わせの中で一番多いのが浮気・不倫調査に関してのご相談です。





↓↓ 今から浮気の証拠集め ↓↓







調査実績43年、解決実績100,000件以上!
探偵業界最大手の原一探偵事務所です。

積み重ねてきた実績と独自の調査力、経験豊かな調査員が確かな技術と心であなたをサポートいたします。
浮気調査・人探し・ストーカー対策・いじめ調査などを日本全国規模のネットワークと抜群の調査力、経験豊富な人間力で、お客様お一人お一人のご事情に合わせてお悩みを解決いたします。

また、本プロモーションでは電話からの問い合わせも成果の計測ができます。



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク