スポンサーリンク

老後破綻

老後破綻

老後破綻



不安なのに準備できない
急増する老後難民「予備軍」

「体はまだまだ健康なのに、お金が続かない。こんな年になって路頭に迷うなんて、考えたくもない」
都内に住む吉川治夫さん(仮名、75歳)は、毎朝のウォーキングを日課とするかくしゃくたる老紳士だ。酒もたばこもやらず食事にも気を使ってきたおかげで、「健康診断はすべてA評価」だという。
本来なら、健康な体で妻と2人、楽しく老後を過ごせるはずだった。ところが、である。蓄えていた老後の生活資金が、あと数年で尽きようとしている。「こんなに長生きするとは思わなかった」という吉川さんは、定年退職で得た退職金を、何の運用もせず貯金して、少しずつ取り崩して生活してきた。

75歳の平均余命から考えると、吉川さんはあと11年、70歳の妻はあと19年強生きる可能性が高い。この先の長い老後を少ない年金だけでどう生きていけばいいのか。「寿命が尽きるのが先か、老後資金が尽きるのが先か」――。そんな不安が吉川さんの頭をよぎる。これは決してひと事ではない。吉川さんのような老後難民「予備軍」は少なくないからだ。



1万人アンケートの衝撃
44%が老後資金準備ゼロ

フィデリティ退職・投資教育研究所が2010年2月に行った「サラリーマン1万人アンケート」がそのことを裏付けている。
現在の公的年金制度では安心できないと考えている人は、全体の9割近くいる。それにもかかわらず、老後の生活資金をまったく準備していない人が44%もいるのだ。

しかも、定年退職後の資産形成を特に何もしていない人が41%に達している。さらに、老後の生活資金準備額が100万円未満(ゼロも含む)の人で、資産形成を特に何もしていない人は84%に上る。
ここから浮かび上がるのは、「老後の暮らしが不安なのに何の蓄えもなく、準備もできない」という矛盾したサラリーマンの姿である。まさに、老後難民予備軍だ。


老後破綻 おすすめ本


8万部突破! 大反響「NHKスペシャル」待望の書籍化! 8万部突破! 大反響「NHKスペシャル」待望の書籍化!

平均的な年金支給、自宅を所有、ある程度の預貯金……
それでも「老後破産」は防げない!
子供のリストラ、介護離職が引き金で連鎖する共倒れの果ての親子破産──
なぜ起きるのか、その実態はどうなっているのか、予防策は?
「破産予備軍」も含め、驚くべき現状を追った衝撃のルポ!

「こんな老後を予想できなかった」
「早く死にたい」

年金生活者が些細なきっかけで陥る「老後破産」
あなたも例外ではない。

●日常起こる病気やケガ、医療費負担が悲劇の入口
●家族思いの「介護離職」に潜む共倒れ「親子破産」の罠
●減り続ける年金、預金ゼロへのカウントダウン
●「一人分では暮らせない」配偶者の死亡で年金が激減
●使えば使うほど家計を圧迫する介護サービス
●約半数の独居高齢者の年金は、生活保護水準以下
●「地方は裕福」は幻想、農村にも拡大する老後破産
●1100万人越えワーキングプアは破産予備軍
●我が子のリストラで始まる親子の連鎖破産
●最後の砦のはずが・・・生活保護支援の壁

序 章 「老後破産」の現実

第1章 都市部で急増する独居高齢者の「老後破産」
年金だけでは暮らしていけない
追い詰められていく日々
必死で働いてきても「報われない老後」
生活保護の「壁」etc

第2章 夢を持てなくなった高齢者たち
使いたくても使えない介護保険
こんな老後になるなんて
都会の孤独
避けられない「老後破産」etc

第3章 なぜ「老後破産」に陥るのか~社会保障制度の落とし穴~
じわじわと追い詰められる「老後破産」の恐怖
「預金ゼロ」へのカウントダウン
医療負担が招く悪夢
病気は「老後破産」の入口etc

第4章 地方では見えにくい「老後破産」
「豊かな田舎暮らし」は本当か?
農村に広がる「老後破産」
サバイバルな自給自足の老後生活etc

第5章 急増する「老後破産」予備軍
他人の世話になることへの「罪悪感」
連鎖する「老後破産」
介護離職がきっかけ
病気で断たれた再就職への道

終 章 拡大再生産される「老後破産」
出版社からのコメント
「こんな老後を予想できなかった」――本書の事例は決して他人事ではない!
金がないので病院に行けない、食事は1日1食100円以内……。
超高齢化社会を迎えた日本で、「老後破産」に陥る人々が増えている。普通に年金をもらい、
自宅も所有、ある程度の預貯金……それでも生活の破綻は防げない!
なぜ起こるのか、実態はどうなっているのか、予防策は?
驚くべき現状に肉薄した、衝撃のルポ!
商品の説明をすべて表示する




実質収入は減り、物価や税負担は上がる一方。
誰にもひとごとではない老後の貧困。
収入がそこそこある人ほど出費も強いられ、
リッチにみえて火の車ということも。
老後どころか病気や子どもの教育への備えもあぶない
「隠れ貧困」の実態と、実践的アドバイス。

第1章 高収入でも貧困が忍び寄る40代
・下を向いて踏ん張ろう
・「年収800万円」の内実
・手取り35万円でも毎月カツカツ
・10年間に実質手取りが50万円以上減
・右肩下がりの時代に右肩上がりの教育費/ほか

第2章 「隠れ貧困」解消の基本心得
・人生の3大出費のハードルは、手前からひとつずつ
・住宅ローンの頭金が100万円増えれば、支払利息は140万円減る
・物価が年2%アップなら、貨幣の価値は30年で半分に
・50歳で貯蓄と負債がプラスマイナスゼロなら勝ち組!
・50歳で借金がなければ老後資産5000万円も夢じゃない/ほか

第3章 一見リッチな50代を蝕む「隠れ貧困」
・50歳で貯金が100万円だって! ?
・退職金が吹っ飛ぶ!
・なぜ50代は貯金できないのか
・高収入なのに貯めることができない/ほか

第4章 お金の怖さを知る人、知らない人
・お金を貯められる人になる前に覚えておきたい大切なこと
・「お金の怖さを知らない」人は幸せになれない
・行きすぎた親の援助は夫婦間にも溝をつくる
・お金の借り癖を習慣化させない
・「ワンランク上」という罠/ほか

第5章 「隠れ貧困」対策編―どうしてもお金が貯まらない
・お金を無駄遣いしていることを自覚できない
・お金を計画的に使えるようになりたい
・家計簿で家計管理をしたい
・ストレスを感じずにお金を貯めたい/ほか

第6章 「隠れ貧困」対策編―ローン、借金を減らすには
・奨学金破綻を解消したい
・奨学金を借りて、子どもが返せなかったらどうしよう
・給付型の奨学金を出している企業も多い
・大学などの奨学金もチェックしよう/ほか

第7章 「隠れ貧困」対策編―老後資金の不安に答える
・第3のお金のハードル、老後資金は大丈夫か
・日本には徴税権があるので、簡単には破綻しない
・国が破綻しないのに、年金だけが破綻することはない
・公的年金はいくらもらえるのか?/ほか

第8章 「隠れ貧困」対策―病気や介護に備える
・入院したときのお金は?
・70歳以上はふたりで入院費が月200万円でも、自己負担は4万4400円
・病気で会社を休むときの補償について知りたい
・生命保険におトクに入る方法/ほか

老後破綻の実例
老後破綻 下流
老人老後破綻 原因
老後破綻 ブログ
老後破綻 住宅ローン
老後破綻 対策
老後破綻とは
老後破産動画
老後破綻 本

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク